猫のケアグッズ

猫は綺麗好きで自分の身体を自分でケアする生き物ですが、いくつかケアグッズも用意しておくと安心です。
まず、猫は自分で毛づくろいをしますが自分で毛づくろいをすることによって毛玉を吐き出すことがあります。そのため、毛玉を吐きやすくするためには猫草が活躍するので用意しておくと猫の毛玉を吐き出させるのに役に立ちます。

また、猫には毛が長い種類と短い種類の猫がいますが季節によって抜け毛が増えてしまう時期もあるので、定期的に抜け毛のケアはしてあげたいものです。
猫は犬と違い、室内にいる場合であればよっぽど身体が汚れない限りシャンプーなどはする必要がありませんが、毛の長い猫の場合はブラッシングを定期的にしてあげないと毛玉ができてしまうことがあるため、ブラッシングするためのブラッシングも用意しておきたいものです。

猫は、室内で飼っている猫であっても爪が伸びてくると自分で爪を研ぎますが、いくら爪を研ぐ道具を用意しておいても爪が伸びてくると壁や柱を使って爪とぎをしてしまう猫も居ます。そのためそれを防ぐためにも飼い主が爪の伸び具合をこまめにチェックし、猫用の爪切りを用意しておいて適度に爪切りをしておいた方が家の中が傷つくことを防ぐことにも繋がるでしょう。
猫を家にお迎えする場合は、今回ご紹介したアイテムなどを用意してからお迎えしてあげると理想的です。

あると安心なモノ

次に、あると便利なものもご紹介していきましょう。

最初にご紹介するのがキャリーバックです。
猫にも受けるべき予防注射などがあるので、動物病院に行く機会もあるでしょうし、他にも遠出をするのに猫を連れていく機会もあるかもしれません。そんな時に猫をいれる鞄として活躍してくれるので猫を外に連れ出すときのことも考えて用意しておくといざという時に便利かもしれません。

続いてご紹介するのがキャットタワーです。
外に猫を出す場合は別ですが、完璧に室内で猫を飼うとなると運動量が不足して猫が肥満になってしまう可能性も考えられます。そのため、猫が運動不足に陥らないようにするためにもキャットタワーはあると便利かもしれません。
運動不足も解消できますし、猫が爪とぎを出来るように作られているものもあるのでそういう物を選べば猫の遊び場にもなり爪を研ぐ場所としても活躍します。

そして、最後にご紹介するのが首輪です。
猫は犬と違い、毎日散歩に連れていく必要はないので首輪は絶対に必要なアイテムではありませんが、鈴の付いている首輪ならば音で猫がどこにいるのか把握しやすいですし、可愛い首輪もあるので猫におしゃれをさせるアイテムにもなり、飼い主も楽しむことができます。

必須なモノ

動物を飼う上では色々と飼う動物にあったアイテムを揃えなければなりませんが、最初に猫を飼う上で絶対に揃えておかなければいけないアイテムをご紹介しましょう。
まず、最も重要なのが餌です。猫の餌はドライフードとウェットフードの2種類がありますし、子猫から飼い始める場合は子猫用のフードを購入する必要があります。
今ではグレインフリー(穀類不使用)で消化をサポートしてくれるものや、着色料・保存料不使用のものなど、その種類は豊富です。飼う猫にあったフードを選んで用意してあげましょう。

続いて、猫の餌を入れる容器なども用意しておく必要があります。餌を入れる物と、飲み水を入れるための器のを用意してあげましょう。
この時、軽い器を用意してしまうと猫が餌を食べる時などに動いてしまって食べにくいこともあるのであまり動かないようにある程度の重みのある器を用意してあげると安心です。

さらに、トイレを猫砂も用意してあげましょう。使うトイレによって使用する猫砂も変わってくるのでトイレにあった猫砂を用意してあげてください。

そして最後に爪とぎです。室内で猫を飼う場合は、用意していおいた方が良いアイテムです。
猫の爪は日々伸びていきますが、猫の場合は伸びた爪を研いで自分で短くしようとする行動が見られます。そのため爪とぎがないと部屋の壁や柱などで爪を研いでしまうため、それを防ぐためにも爪を研ぐ道具は用意しておいた方が良いでしょう。